妊活サプリはどのような効果が期待できる?

妊活サプリはなぜ人気があるの?

精子・卵子の老化を防いで確率アップ

妊活を積極的に考えている夫婦は、30代前後以上の年齢な事が多く、体のことを考えても「ぜひ授かりたい!」という気持ちを持って妊活に臨んでいます。

そんな夫婦にとって一番気になるのが、精子や卵子の老化です。

誰でも年を取れば老けていくものですが、それは肌や髪だけでなく精子や卵子も同じこと。

体内の酸化によって精子や卵子の質が低下すると、妊娠の確率が下がると言われています。

妊活サプリには抗酸化作用をもたらす成分が配合されているものも多く、鮮度を維持することができるので、30代を超えた夫婦の妊活から人気なのです。

さらに、抗酸化は卵巣機能を維持・改善する役割も持っているため、体内で良い卵子を作る助けになります。

胎児の健康な成長を促進

妊活したら葉酸をと聞いたことがあると思いますが、妊活サプリメントの中でも「栄養重視」のラインナップには、豊富な葉酸が配合されています。

この葉酸は、胎児の成長に非常に重要な役割を持っています。

妊娠すると6週ごろまでに脳・脊髄の元となる器官が完成しますが、この時に葉酸の摂取量が不足していると「神経管閉鎖障害」という先天性異常になるリスクが高まることが分かっています。

そのため、厚生労働省からも1日400µgのサプリメントからの摂取が推奨されています。

妊娠は前回の整理開始日を妊娠0日として計算されますが、次の生理予定日を過ぎないと妊娠したかどうか検査が行えないため、実際に発覚するのは早くても妊娠4~5週ということになります。

葉酸は妊娠6週までは積極的に摂っておきたい成分なので、妊娠が発覚してから飲んでも遅いという訳です。

ですから、葉酸の入った妊活サプリメントは、妊活中からいつ妊娠しても良いように服用するのが大切なのです。

さらに、葉酸には赤血球の生成を促進する働きがあるので、貧血の予防にも効果があります。

普段から貧血気味の女性にとっては嬉しいことですし、また赤血球が豊富になれば全身に酸素が運ばれやすくなるので体の調子も整います。

人気の妊活サプリを効果的に使うには?

基本の生活を整えた上で服用を

妊活サプリメントおすすめナビなどにも書いてある様に、妊娠力を高めるためにはサプリメントだけで足りる訳ではありません。

基本となるのは、毎日の生活習慣です。

食事は3食しっかりと食べ、栄養バランスが偏らない様に心がけます。

脂質・塩分の多い外食や、添加物の多いコンビニ食などは控えた方が安心です。

さらに、妊活中の夫婦は適度な運動を行い、代謝を上げることも大切です。

血液循環が良くなると冷えを改善できるので、生殖器の働きを整え、酸素や栄養をしっかりと届けることが出来ます。

夜更かしや深酒はあまりしないように心がけ、規則正しい習慣を心がけましょう。

「心の健康」は何よりも大切

妊活していると食事や運動といった「行動」に目が向けられがちですが、実は心の健康も非常に重要です。

ストレスを感じるとそれに対抗するため、脳の視床下部が生殖ホルモン(女性ホルモンや男性ホルモン)の分泌を遅らせ、心身を安定させることに注力してしまいます。

生殖ホルモンの分泌が少なくなってしまうと、ホルモンバランスが崩れることで排卵機能の低下、生理周期の乱れ、精子数の減少、精子運動率の低下などが起こってしまいます。

この状態が長く続くと不妊となるので、適度にストレスを解消していくようにしましょう。

また、妊娠したい気持ちが強すぎると、少しの情報に敏感になったり、周りの言動が気になったりするため、これも自分にとって過度なストレスとなりがちです。

なかなか難しい部分ではありますが、妊活中は少し気持ちを楽に構えておくことも大切です。